読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PlayLoud!!

Since1997

不気味の谷と、VRの不気味

長文 VR

TelyukaによるCGJK「Saya」が不気味の谷を超えたと話題である。


 
 ところで、この「不気味の谷現象」は、東京工業大学名誉教授の森政弘氏が、なんと1970年に提唱した概念だそうだ。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/c/c0/Wpdms_fh_uncanny_valley.jpg
 
 初出はエッソ・スタンダード石油が社外向けに少数発行していた広報誌「energy」に書かれたエッセイ。その内容は現在WEB上で読むこともできる。広報誌自体は一般に入手できるものでは無かったそうだが、一部古書店などで取り扱いもあるようだ。
http://www.getrobo.com/.a/6a00d83454089b69e2017615e95409970c-pi
GetRobo
 
 それにしても、46年前に不気味の谷の存在に注目し、我々人間がそれを警戒する感覚を持ち合わせていると述べている森政弘氏の発想力、洞察力には感嘆するばかりである。森氏はこのエッセイの中で、不気味と感ずる力を「自己防衛本能の重要な一部」と締めくくっている。もちろん1970年の記事であるから、コンピュータによって描かれた写実的な少女のことを想定した話ではない。本物そっくりに作られた義手が不気味さを持ち合わせていることについて書かれた記事である。そう考えると、「不気味の谷現象」の概念をCGに対して適用した人物も極めて鋭いと言わざるを得ない。
 
 ちなみに、森氏はその不気味の谷を超えられていなかった義手についても「(デザインによって)カッコイイだて義手が流行するようになるにちがいない」と予言しているが、こちらも実現しそうな話題が聞かれる。
japanese.engadget.com
 
 話がそれたが、不気味の谷を超えた「Saya」でが、なんと今話題のVRでも体験することができるようになるとのことである。CEATECのレポートを楽しみに待ちたい。
av.watch.impress.co.jp
 
 一方、VRを体験する人々の姿である。



 なぜか、CGが不気味の谷を超えた今、我々人間が不気味になっているという声が上がっているのはなんとも皮肉である。
 
 あ、今感じているこの感覚こそ森氏の言う「自己防衛本能」なのか……
http://livedoor.blogimg.jp/vrsokuhou/imgs/7/d/7d78d02a.jpg
VRが普及した未来は“不気味”? ザッカーバーグCEOの投稿した写真が話題に : VR速報